結婚式の流れ

結婚式当日の流れをご紹介

上賀茂神社での挙式の式次第をご案内いたします。
上賀茂神社では細殿(ほそどの・重文建造物)にて挙式となります。実際の式の進行をご覧頂き、ハレの日の イメージをふくらませ、心躍らせて頂ければ幸いです。

挙式当日の式次第

厳かな挙式の式次第

上賀茂神社での挙式の式次第をご案内いたします。
上賀茂神社では細殿(ほそどの・重文建造物)にて挙式となります。実際の式の進行をご覧頂き、ハレの日のイメージをふくらませ、心躍らせて頂ければ幸いです。

参進

神職・巫女の先導にて、新郎新婦のは式場へと導かれ、厳かに儀式が始まります。

入場

神事に臨むまえのしきたりで、先ず、祭儀を行うにあたり、お祓いを受けます。

祝詞奏上

ご神前にお供え物が供えられ、神職がお二人の、結びの祝詞(のりと)を読み上げ、結婚の由をご奉告してお二人の末永い幸せを祈ります。

三三九度の盃の儀

神前に供えられた神酒にて新郎新婦の永遠の結びの杯が行われます。
新郎、新婦交互に大きさの違う杯を三口づつ三三九度飲みます。

誓詞奉読

新郎新婦は、神前に進み神様に心新たに誓詞を奏上します。

玉串拝礼

感謝と祈りを込めて玉串を捧げ、二礼二拍手一拝の作法で拝礼(お参り)します。
ご参列の親族は、新郎新婦に併せ、ご一緒に神前にお参りいただきます。
(媒酌人がある場合は、参列者の代表として、玉串を奉げていただきます。)

親族結盃の儀親族結盃の儀

両家の親族一同が、御神酒をいただき、親族の固めの儀を行います。

門出

ご神前での儀式が終わり細殿から出発いたします。
これにて門出を迎えられ、新郎新婦は、晴れて夫婦となります。

上に掲載した挙式の式中については一部ですので、詳しくお知りになりたい方は上賀茂神社様にお尋ね下さい。